個人情報が漏れないように、チャットアプリ内の設定を変え、セキュリティレベルを向上させましょう。

MENU

チャットアプリの危険性について

今では老若男女を問わず高い人気を集めるようになったチャットアプリですが、たとえ便利で使いやすいアプリケーションでも「個人情報保護」の観点からいうとリスクは高いと言えます。

 

LINEカカオトークに代表されるチャットアプリではメッセージのやり取りや通話といった機能が全て無料で利用できるという点が大きな魅力となっています。

 

しかし、これらのチャットアプリにはアプリケーション内で見知らぬユーザー同士が自由に繋がることが出来る「ID掲示板」「友達募集掲示板」といった機能も搭載されています。中には純粋に見知らぬ人との出会いを楽しんだり友達を探している人も数多く存在していますが、中には個人情報を抜き取ろうとしたり出会い系サイトへ誘導しようとする悪質な「業者」も存在しています。

 

そのため、最近では多くのチャットアプリに対して「個人情報流出」の危険性を指摘する声が挙がっています。

 

個人情報流出には気をつけよう

また、近年の例を挙げると日本国内でトップシェアを誇るチャットアプリ「LINE」において、個人アカウントが乗っ取られる事件なども発生しています。
そのため、チャットアプリの利便性にばかり目を向けるのではなく利用する前にしっかりとその危険性について正しく把握しておく事が大切です。

 

 

個人情報を守るために必要な事

個人情報の流出やアカウント乗っ取りなどの危険性が指摘されているチャットアプリですが、自らの個人情報を守るためには何よりも「自衛」が重要となります。

 

自分の個人情報を保護する為にはアカウントに個人が特定されるような情報を載せるのは避け、チャットアプリの個人アカウントを作成する場合は電話番号を使わずにIDで登録するように心掛けることが大切です。

 

また、悪意を持って接触してくるユーザーや業者を避ける為にも見ず知らずのアカウントからメッセージが届いても対応しないように心掛ける事も有効な自衛策となります。
最近のチャットアプリでは不特定多数に自分の個人情報が漏れないように設定する事が可能となっています。
そのため、自分の個人情報流出を避ける為にもチャットアプリ内の設定を変え、セキュリティレベルを向上させておく事も重要です。