初心者がライブチャットで成功するための心構えを失敗談から学びましょう。

MENU

チャットの失敗談

ライブチャットは、初心者や慣れてない人が楽しもうとすると思いもよらぬ失敗が待ち受けている場合があります。

 

タイピングが遅くてコミュニケーションができない

 

チャットのタイピング

チャットは、ビデオ動画で中継することができれば、リアルタイムの会話が可能ですが、タイピングによって文字を打ち込むことでコミュニケーションをとることが多いです。
タイピングによって打ち込むことでチャットをする場合は、タイピングスピードが遅いとコミュニケーションが円滑に測れないというデメリットがあります。

 

特にアダルトライブチャットでは、女の子はビデオ動画で言葉でしゃべるのに対して、男性側がタイピングによるメッセージを送るのでスムーズに会話を進めるためには、タイピングスピードが速くないといけません。タイピングスピードが遅いことによって、チャットを切り上げられてしまったという例も後を絶ちません。
またキーボードのタイピングは早くてもスマートフォンのタッチは遅いというケースも多く、PC、スマホどちらでも速くメッセージを打てるようにしたいものです。

 

 

アダルトライブチャットでの禁止行為

 

DMMアダルトチャットなどの女性が脱ぐことができるチャットでは、女性がヌードになったビデオ動画が流れることがあります。

 

しかしこれはどこまでも脱いで局部を映していいということではなくて、性器などの局部を映してしまうとチャットが強制終了になったり、強制的に退会になってしまう危険性などがあります。

 

対面してないからといって失礼なことを言わない

 

チャットというのは、インターネットを利用して遠隔でありながら異性などと会話ができます。
とても便利なものですが、対面してないからこそ、気持ちが大きくなり見知らぬ相手に対して失礼なことを言ってしまうという危険性があります。
チャットだから何を言っていいということではなく、相手に対して最低限のマナーを心がけるようにしましょう。

 

何を話していいかわからない場合はチャットで盛り上がる内容を調べておけばスムーズに会話しやすくなります。