チャットアプリの普及によって、携帯電話各社も携帯料金の見直しを迫られる事態に陥っています。

MENU

チャットアプリの普及によって失われた物

LINEやカカオトークといった所謂「チャットアプリ」と呼ばれるアプリケーションが普及した事で、以前に比べると遥かにインターネット上で行うメッセージのやり取りがスムーズになりました。

 

一昔前までは一人ひとつずつ用意されたメールアドレスから相手のメールアドレス宛にメッセージを送信する必要がありましたが、現在はチャットアプリにログインすればアプリ内でスピーディなメッセージのやり取りが可能となっています。

 

さらにメールとは違ってチャット機能は画面上に相手とのやり取り履歴が常に表示されるため、リアルタイムで会話を楽しむ感覚でメッセージの交換が行えるという利点もあります。

 

以前はチャットアプリと似た機能を有する「ショートメッセージ(SMS)」を搭載した携帯電話が数多く出回っていましたが、チャットアプリの出現によって今ではSMSを利用する人は減少傾向にあります。

売上高が急減のイメージ

 

チャットアプリの出現によって失われた物はそれほど多くはありませんが、先に述べたようにSMSを利用する人が減少した事によってそれまでSMSによって携帯電話各社が得ていた売上高が急減したというデータもあります。

 

 

チャットアプリの今後について

チャットアプリは一時期、個人情報の漏洩事件やアカウント乗っ取り事件などが話題となった事で「チャットアプリ離れ」が加速するという見方が強まった時期もあります。
しかし、チャットアプリの人気はそれらの事件の影響をほとんど受ける事なく現在でも多くの人から高い支持を集めています。

 

チャットアプリの出現によって多くの人が無料でメッセージのやり取りや通話を楽しむ事が出来るようになった為、携帯電話各社も携帯料金の見直しに迫られる事態に陥るほどその影響力は増大しつつあります。
そして今後、チャットアプリは更なる進化を遂げる事が予想されており、チャットアプリへのニーズは益々高まっていく見通しです。