チャットアプリで文字入力をサクサクできるようにしたい!入力スピードをアップするコツ

MENU

文字を打つのが遅いのを改善する

 

チャットアプリを使っている人の中には、文字を打つのが遅いと感じている人が一定数います。
文字を打つのが遅いと返信が遅れてしまいますし、グループチャットの場合は会話に混ざれずどんどん置いてきぼりにされます。

 

もっと早く入力しなければと思うと焦ってしまい、変な文章になってしまうこともあるでしょう。
返信が遅いために、デートの約束や大切な話のタイミングを逃す恐れもあります。

 

若い世代はチャットアプリの入力が早い傾向にありますが、30代以降の人は文字を打つスピードに悩みを持っています。
そんな文字を打つスピードについての悩みを解消する方法をいくつか紹介します。

 

ひたすら練習する

 

文字を打つのが遅いのなら、ひたすら練習するという力技があります。
素早く入力出来るように何度も何度も練習すればスピードは上昇して行くでしょう。
もちろん、そんなことは既に試している人が大半だと思います。

 

スマホで文字を打つのが苦手な男性

そこでワンポイントアドバイスしたいのが、なぜ入力が遅いかを分析することです。
何度も入力し直している、文章を考える時間が長い、ボタンの場所が分からない、などです。
どれが苦手なのか原因が分かれば、それを克服するようにひたすら練習するだけとなるでしょう。

 

入力し直すことが多いなら入力ミスをしないようにするだけでスピードが上がります。
文章を考える時間が長いなら、何に悩んでいるかを分析して解決出来ないかを考えてみてください。
ボタンの場所が分からない場合はひたすら練習して暗記するのが解決への近道となります。

 

入力が遅いと伝える

 

文字を打つのが遅いなら、最初から相手に伝えておくようにしましょう。
そうすれば入力が遅いのだと分かってもらえるので、無視していると言った変な誤解を生みにくくなります。

 

特に若い世代やテキストの入力が早い人にはしっかりと伝えるのをおすすめします。
こうした人は入力が遅い人が居るという発想が無いので、チャットのテンポが悪いとストレスを溜めます。
イライラを解決するためにも、予め入力が遅いと伝えておきましょう。

 

後はなるべく素早く返答できるように練習を積み重ねるのが良いです。

 

スタンプを活用してテンポを良くする

 

文字を打つのが遅いならスタンプで会話のテンポを保つのも良いでしょう。
丁寧に文章を作るのではなく、スタンプで返信すると遅い印象が薄くなります。

 

スタンプの上手な使い方

 

チャットアプリは手紙でもメールでも無いので、基本的には1行から2行ぐらいの短文を返すのが良いです。
打つのが遅い人は文章の量が多い傾向にあるので、あえてスタンプで会話してみる練習をしてみてください。

 

短い単語で会話を行えるようになると、自然と文章量が少なくなり少ない時間でテンポの良いチャットが行えます。
スタンプは手抜きではありませんし、喜怒哀楽が表現できる素晴らしいものです。

肩の力を抜いて気軽にチャットアプリを楽しんでみましょう。