LINEのスタンプはいろいろなシーンに使えるから便利!上手なスタンプの使い方

MENU

スタンプを上手に使ってコミュニケーション

LINEを始めとしたチャットアプリにはスタンプ機能が実装されていることが多いです。
テキストを送るのではなく可愛い、かっこいい、おもしろいスタンプを送るのは円滑なコミュニケーションをサポートしてくれます。
視覚的にも楽しいスタンプは男女問わず人気ですし、その手軽さもあって多くの人に受け入れられています。

 

そんなスタンプを上手に使ってこそ、チャットアプリを使いこなせていると言えます。
スタンプの使い方が下手だと、コミュニケーションの阻害になってしまいますし、好感度が下がることさえあります。

 

まずはスタンプに慣れるためにも、いくつか購入してみるところから始めてみましょう。
数多くのスタンプがあるので自分の気に入るものが必ず見つかります。
良く分からない場合は人気ランキングの上位のスタンプを購入すれば外れがありません。
1個100円から300円ほどですし、条件を満たせば無料で貰えるスタンプもあるので探してみてください。

 

スタンプを手に入れたら、実際に使ってみましょう。
あいさつのスタンプを送るのも良いですし、相手の質問に対してスタンプで返すのも楽しい会話になります。
ここからは上手なスタンプの使い方について紹介したいと思います。

 

スタンプで感情表現を行う

 

アプリで使うスタンプの画像

チャットアプリは基本的にテキストでコミュニケーションを行います。
しかし、それだと感情がしっかりと伝わらないことが多々発生してしまうのです。
喜んで返信したのに、怒っていると勘違いされてしまうなど、コミュニケーションロスになるのは困った問題です。

 

そんな問題を解決してくれるのがスタンプです。
喜怒哀楽を表現したスタンプがたくさんあるので、それを使えばはっきりと自分の感情を伝えられます。
誤解を与えそうな発言の際にスタンプを使うと感情の情報を補足できるので上手な使い方となるでしょう。

 

この使い方は感情を伝えることが大切なので、感情が良く分からないスタンプはなるべく避けた方が良いです。

 

会話の途中にスタンプを使う

同意する時に「はい」「うん」「わかる」などのスタンプを使えば、楽しく会話を続けられます。
特にテンポよく会話している時はスタンプで会話を進める方が盛り上がるでしょう。

 

テキストだけだと味気ないですが、時々スタンプがあると楽しい雰囲気になります。
楽しい気持ちを伝える意味でもスタンプは有効なので、上手に活用してみてください。
無理にスタンプを使う必要はないので、あくまでも使えるタイミングがあれば会話に混ぜてみましょう。

 

会話を終わらせる時にスタンプ

チャットアプリを使っていると会話を終わらせるタイミングが見つけにくい時があります。
そんな時に活躍するのがおやすみなどのスタンプです。
会話を途中で切り上げてしまうのは相手に良くない印象を与えますが、スタンプでなら柔らかい表現で伝えられるのです。

 

スマートに会話を終わらせるのも上手なスタンプの使い方の1つです。
ダラダラした会話になって来たらスタンプで会話を切り上げてみましょう。